2012年09月21日

敷布団考 トゥルースリーパーと雲のやすらぎ

人の体と寝具の間の環境を、「 寝床内気候 」 というそうです。
この寝床内気候が、温度32〜34度、湿度45〜55%が最適で、最もよく眠れます。この温度・湿度を保つために、季節に合わせて掛け布団を調節するのが快眠のポイントのようです。
しかし、寝床の中の熱は、掛け布団からよりも、敷き布団からの方が多く逃げていきます。冬に暖かく眠るためには、敷布団を増やしたり、肩や首をスッポリ覆うことが大切です。

昨日は掛け布団を紹介しました。今日は今人気の敷布団とマットレスの2つについて
ひとつは「トゥルースリーパー」



低反発マットレスで、俳優のピーターさんや、バレーボール元全日本女子代表の中田久美さんも利用されているそうです。睡眠の質があがり、朝の目覚めが変わると感想を書かれています。
体圧が分散され無理のない睡眠姿勢をキープできるウルトラヴィスコエラスティックを使用。これはNASAが宇宙飛行士のために開発したと言われる低反発素材にヒントを得て開発されたそうです。
弾力性や復元力に優れ、体温や体圧によって反発力や形が変化するため、まるでオーダーメードのように体にぴったりフィット。まさに“快眠用”の低反発素材と言えそうです。
また、今使っているベッドにそのまま敷くだけでOKなので、経済的かもしれません。

もう一つは「雲のやすらぎ」。



浮圧敷布団【雲のやすらぎ】

こちらも体圧分散されます。独自の体圧拡散製法「クロスクラウド製法」なるもので、腰、背中、お尻などへの負担を縦の繊維で点で支え、横の繊維で体圧を逃がすと書いてありました。
布団の厚さは17センチという、敷布団としてはちょっと考えられない厚みです。
中綿は防ダニ、防菌防臭仕様、湿度の調整に羊毛を使用し、通気性がよく、なおかつ保温性があるという優れものです。
最大のポイントは、敷布団ガバーがリバーシブルで使え、片面が秋冬、片面が春夏に使え、冬は温かく、夏は涼しい布団になります。
また、敷布団といえども、その厚みで、床に直接敷いても底付き感がなく、ベッドにも敷けますが、厚みがあるので、マットなしでもOK。

価格は雲のやすらぎの方が高めですが、ベッドマットがへたって買い替えをお考えの方には良いかもしれません。
上質の睡眠は生活全てが快適になりますから、自己投資として良い物を選ぶことをオススメします。
posted by 眠り猫 at 22:44| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

陽だまりの休息

快適な睡眠には、布団の中の暖かさと布団の重さが大事です。
ちょうどいい暖かさは皮膚温度32度〜34度と言われています。

陽だまりの休息は、夏も冬も心地よい素材を使用、布団に人型に模様が入っているので、寝返りしてもずれにくい構造になっています。その上丸洗い可能。
陽だまりの休息に使われている特殊な繊維は空気を取り込み保温性を保ち、なおかつ空気の流れを実現できる構造になっています。




重さは1.0kgで従来の布団より30%軽量化、温かい空気が流れるボディフィットキルト構造を採用。

陽だまりの休息は、羽毛よりも温かくて軽く、洗える高性能掛布団で、ダニアレルギーやハウスダストアレルギー、喘息でお困りの方にも喜ばれているそうです。

《陽だまりの休息・商品の特徴》
1.超軽量の重さ1.0kgを実現
2.「空気で温かさをつかまえる」特殊繊維
3.熱を外に逃がさないV字ホットエアリー構造
4.アレルギーに強い!高機能ポリエステル素材
5.寝返りしても布団がズレにくいボディフィットキルト構造
6.しかもウォッシャブル(洗濯可能)
posted by 眠り猫 at 19:37| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

不眠で悩む人に六角脳枕がいいかもしれない

快適な睡眠には枕は大事です。
テレビで話題騒然になった超熟睡できる安眠枕「六角脳枕
人気芸人ナイツも絶賛したという六角脳枕は肩こり、頭痛、首こり、不眠も解消するよく眠れる枕として
164社の雑誌、新聞、TVなどのメディアに取り上げられました。

いま、日本人の10人に1人は不眠で悩むと言われる国民病となっています。
六角脳枕は、枕から発生する「肩こり」「頭痛」「首こり」「不眠症」などを解消できるようにします。
また真夏の熱帯夜には、ヒンヤリ冷たい冷却材を2本入れ、涼しく超熟睡できます。

肩こり不眠の原因は枕の高さにあります。
でも、仰向けで枕の高さをあわせても横向きになれば枕の高さが変わるのをご存知でしたか?
仰向け寝と横向き寝では、肩幅によって頭の高さに違いが生じ、この高さの差が首や肩に負担をかける原因になります。
人は寝返りで、起きている時にかかっている頭の重さによる肩、首の負担を自然治癒していると言われています。
しかし、寝返りがスムーズに行われないと肩こりや頭痛の原因になります。枕が高いと寝ている時に気道を塞いで、いびきの原因にもなります。

六角脳枕は寝返りをしても、頭、肩だけが移動するので、人間の身体にとって最適な高さに調整されます。科学された枕ですね。



posted by 眠り猫 at 18:47| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。