2012年08月15日

夏の睡眠道具エアコンマットSOYO(そよ)に注目・その2

前回、「エアコンマットSOYO(そよ)」に注目と書いたが、この寝具はさらに注目したい点がある。
それは赤ちゃんからお年寄りまで、幅広くイイ。そして何より寝たきりで介護を必要とされる方と介護をされる方にものすごくイイ。
どこがイイのかと言うと、汗をかいても、寝ている間に乾かしてくれる点だ。介護を必要とされる方や赤ちゃんは自分で着替えられない。赤ちゃんはアセモ、介護を必要とされる方は床ずれの緩和に役立つ。

床ずれは専門用語では褥瘡(じょくそう)と言います。
寝たり座ったりした状態の時、いつも同じところに一定以上の圧力が持続的に加わることによって、皮膚に障害を起こした状態をいいます。
直接的には、例えば寝たきりの状態では、骨が寝具と接する部分に体重が集中し、自力で体位変換ができないと、この圧迫が長時間続いたままになり、その結果、毛細血管が押しつぶされて血が通わなくなり、皮膚組織が壊死して床ずれになってしまいます。床ずれは長時間の圧迫が原因で発生します。

間接的には発汗や失禁、おむつなどの皮膚のムレ、介護力不足で、寝返りさせてあげたくてもできなくて、泣く泣く寝かせきりになってしまう、シーツや衣類のズレや摩擦ということが考えられます。

エアコンマットSOYO(そよ)」を使うと、この発汗に対する予防ができます。介護される側の人は背中がサラサラで気持ち良い。介護する人の負担が減る。

ニンゲンは尿だけでなく汗でも排毒するという説もありますし、汗をかくのは自然の摂理で、汗をかくことによって体温を下げるという役目もあります。病状により多汗の方もおられますから、クーラーなどで外から冷やしてただ抑えこむより、かいたものを乾かすというエアコンマットの発想が私は好きです。

楽天などのレビューを見ていても、寝たきりのお子さんのためや、妻の介護に買って本当に良かったという記述がありました。

欠点は音がちょっとウルサイ。エアコンマットSOYO(そよ)は弱、中、小と3段階の調節機能がついており、弱なら平気だけど、強はちょっとという方もおられました。でも音を差し引いても本当に買って良かったというのを読むと「私の目に狂いはなかった、ああ本当にイイ商品なんだ」とつくづく思います。
posted by 眠り猫 at 19:55| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコンマットSOYO(そよ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。