2012年08月17日

寝汗と睡眠とエアコンマットSOYO(そよ)の関係

寝汗は健康な人なら誰でもかく。寝汗で体温を下げてくれているわけだが、これが乾かないから不快で目が醒めるというわけだ。
日本の夏は湿気が多い。

寝汗は、眠りはじめ90分にたくさんかくそうだ。
眠りは約90分サイクルと言われるが、人によっても異なり、また同一人物でも日によって異なるらしい。
約90分ごとに眠りが深くなるわけだが、この深くなっている時間に汗をかいている。
汗をかいて、気化熱で体温を下げて眠りを深くしている。ニンゲンのカラダはうまくできている。
カラダはうまくできているけど、汗べっとりとかパジャマがカラダにへばりついてとか、この不快現象で目が醒めるというのはできたら避けたいですね。
そして、かいた汗でぐっしょりになった布団は、共働きや一人暮らしの方は、次の休みの日まで干せないという悲しい現実もあります。
夏は暑さで結構体力を奪われます。せめて夜は明日のために熟睡したいものです。

エアコンマットSOYO(そよ)は、この汗を乾かすというところに着目した製品です。
カラダを冷やすとかヒンヤリ感を求めすぎると「なんだ〜この商品、買って損した」ということになりますが、本体カラダは冷やし過ぎない方がいいのです。
不快な寝汗を乾かし、体温を快適温度に保つということで快眠を得る、そういう目的でこの製品をお使いいただくと良さがわかるはずです。
以下の動画はエアコンマットSOYOの販売をしているATEXの商品説明動画です。



ATEXさんの回し者ではないのですが、かいた汗を寝ながら乾かすという発想の製品は本当にスゴイし、レビューを読んでいても購入者のほとんどの方が、買って良かったと書いておられるので紹介しています。
かといって欠点がないわけではりません。次回はこの製品の欠点について書きます。
posted by 眠り猫 at 17:16| 滋賀 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エアコンマットSOYO(そよ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/287067000
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。